エフ・エフ・ヒライデについて

 

 

市場への安定供給と、エンドユーザーの皆様へ花本来の魅力を提供いたします

 

 

 

オールシーズンをカバーする出荷体制

 

 全シーズン生産可能な設備を備え、生産規模は施設面積合計で約15,000㎡。施設は温度、湿度、日射により統合制御されています。高度な生産管理により、年3~4作の高効率生産を実現しています。生産本数は年間約100万本(*1)に及び、ユリ類の国内シェアの0.7%に相当します(*2)。

 

環境負荷低減への取り組み

 

効率生産とともに、環境負荷低減にも取り組んでおり、化学肥料を用いない有機質肥料での栽培、太陽光発電設備の導入などを実施しています。花き産業総合認証プログラムMPS-ABCへも参加しています(*3)。

 

 

B to B からB to Cまで

 

F.F.HIRAIDEの2つの「F」は、FarmerとFloristのことです。

業務取引はもちろんのこと、ともに花のプロフェッショナルである「生産者」と「フローリスト」が、エンドユーザーへの花の魅力をお届けいたします。

生産者直送の花を用いて、有資格者の手によるブライダルブーケ、花束、アレンジメントの作成も承っています。

 

*1 オリエンタル系約90万本、LA系約10万本

*2 平成24年度農水省統計のユリ類出荷本数に対し

*3 温湯消毒、有機JAS適合肥料、100%天然成分での害虫忌避など

*4 フラワー装飾技能士1級1名 2級1名

 

 

会社概要

 

会社名 有限会社エフ・エフ・ヒライデ  代表取締役  平出賢司

設立  2001年7月  年商 1億9千万円

所在地 栃木県宇都宮市平出町335-3

TEL 028-660-8732 FAX 028-660-8783

URL  http://www.hiraide.net/

事業内容 生花の生産・加工・販売

主な生産物  オリエンタルユリ・スカシユリ・LAハイブリッドユリ (周年)

主な設備 球根貯蔵庫(324㎥) 球根解凍およびプレルーティング用冷蔵庫(150㎥×2) 

第1圃場 鉄骨ハウス3棟 パイプハウス4棟 計4,043㎡ 

      製品予冷庫(108㎥) 太陽光発電設備(30kw・50kw)

第2圃場 ダッチライト(統合環境制御コンピュータ導入 3,264㎡) 製品予冷庫(86㎥)

第3圃場 鉄骨ハウス5,470㎡,2,367㎡ 製品予冷庫(194㎥) 

             太陽光発電設備(10㎾) 集出荷場併設 温湯土壌消毒機 定植機など

*内容は2013年9月現在のもの

沿  革

 

1970年 現会長平出孝司が家業である農業に就く。従来の水稲単作に加えて施設トマトを導入。

1972年 トマト生産の裏作として初めて花卉(フリージア)を導入。

1976年 トマト生産から花卉栽培に転換。テッポウユリの生産を開始。パートタイマーでの雇用を導入(非常勤)。個人出荷から農協を通じての共選出荷へ移行。

1987年 既存のハウスに替え、自動制御ハウス(連棟546㎡)を新築。

1988年 新たに鉄骨ハウスを新築(1713㎡)。スカシユリを導入し周年栽培体制が確立。それに伴い常勤雇用を導入。

1989年 オリエンタルユリの生産を開始。

1990年 現会長夫人がフラワー装飾技能士2級を取得、直販部門を開設。

1994年 栃木県球根取引部会(とちぎバルブグループ)を設立、オランダ種苗社との球根の直接取引を開始する。社長夫人がフラワー装飾技能士1級(厚労省免許)を取得。

1997年 現会長平出孝司が栃木県農業士に認定される。

2000年 Webサイト開設。直売部門の一環としてNET通販を開始。

2001年 法人化。有限会社エフ・エフ・ヒライデ設立。

2003年 オランダから直輸入の新温室建設(第2圃場 ダッチライト 3,264㎡)。 統合環境制御装置(Privaマキシマイザー)・細霧冷却装置を導入。

2005年 製品予冷庫(150㎥)、プレルーティング用冷蔵庫 (150)を建設。

2006年 球根貯蔵庫(324)を建設。

2006年 JA共選販売から独立し自社流通へ移行。とちぎバルブグループ解散。

2007年 新温室(第3圃場 5470㎡)を建設併せて集出荷場を建設。

2008年 自社でオランダ種苗社との球根の直接取引を開始。

2009年 花き総合認証プログラム環境認証MPS-ABCに参加。

2010年  秋~春生産専用の新温室(2367㎡)を建設、稼働。

2011年   太陽光発電設備(10kw)を導入。発電電力の一部を生産に供用開始。

2013年  第1圃場作業場および新事務所建築。太陽光発電設備(30kw)、太陽光発電設備(55kw)を導入。現会長平出孝司の農業に対する功績が認められ緑白綬有功章を授章

2015年 平出賢司が代表取締役に就任。花き総合認証プログラム環境認証最高位のMPS-Aを取得。農水省国産花きイノベーション推進事業 日持ち性向上対策品質管理認証取得。会長平出孝司が栃木県経済同友会から優秀起業家賞を受賞。

2017年 代表平出賢司がリリープロモーションジャパンおよびオランダ駐日大使からリリーアンバサダーに認定される

2018年 全国初のアンバサダー事業「宇都宮ユリハウス オープンデイズ」を主催。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

F.F.HIRAIDE Co.,Inc.
  • Facebook Metallic